オンラインミーティングでWi-Fiの電波に左右されない!改善方法2点を解説

笑顔でパソコンの前に座る女性

オンラインミーティングが一般的になってきたとはいえ、まだまだZoomや他のミーティングツールでのWi-Fi環境にお困りではないですか?

ミーティングの大切な場面で相手の声が途切れたり、固まったりしてしまう……という経験は誰しも一度は経験はあるのではないでしょうか?

こんなWi-Fi環境のトラブルに直面すると、お互いにストレスや時間のロスを感じてしまいますし、大切なクライアント様とのやり取りだとなおさら焦りますよね。

今回は、オンラインミーティングでWi-Fi電波の悪さ、通信の悪さを劇的に解消できる2つの改善方法を解説します。

  • 有線LANを利用する
  • 有線イヤフォンを利用する
目次

Wi-Fiの電波が悪い時の改善法 有線LANを利用する

remoteowrk

Wi-Fi電波が悪くオンラインミーティングがスムーズに進まない時は、有線LANで接続しましょう。

最近は、LANケーブルの差し込み口がないパソコンも多いですよね。

そんな時はあきらめずに、有線LANアダプターを使ってみてください。

有線LANアダプター

使い方は簡単。

USBポートにこのアダプターを差し込み、LANケーブルを接続するだけ。

ちなみに、わたしは有線LANアダプターを使ったことで1時間に5回も途切れていた旧自宅でのZoomミーティングが、一度も途切れず快適な時間を過ごすことができました。

今回ご紹介した便利アイテムはWindowsユーザーの方に向けたものなのですが、Macユーザーの方もCポートをつけて、このアダプターを差し込むことで使えます。

Macのみのユーザーの方なら、タイプCの差込口に対応しているこちらの商品もよさそうです。

TYPE-C用有線LANアダプター

これで劇的に、オンラインミーティングのつながりにくさが解消します。

Wi-Fiの電波が悪い時の改善法 有線イヤホンマイクを使う

イヤホンマイクを使ってミーティングをする女性

Wi-Fiの電波環境が悪い時、確認していただきたいことがあります。

それは、「Bluetoothのイヤホンマイクを使っていませんか?」ということ。

「Wi-Fiと関係あるの?」とお思いかもしれませんが、実は大いに関係があるのです。

Wi-Fiの電波は2種類の周波数帯域を使っています。その一つの帯域は、Bluetoothの周波数帯域と同じなので、同時に近くで使うと干渉してしまうことがあるのです。

その結果、通信速度が遅れたり、音声が途切れたりしてしまうんです。

それを解消するには、有線のイヤホンマイクを使いましょう。

有線イヤホンマイク

パソコン備え付けのスピーカーとマイクだと相手が聞きづらい場合があるので、イヤホンマイクで対応するのをオススメします。

最近は何でもワイヤレスの時代ですし、もし普段は無線のイヤホンマイクだけを使っているのなら、オンラインミーティング用に有線のイヤホンマイクを準備しておきましょう。

手軽な価格の物で十分です。100円ショップでもイヤホンマイクが手に入りますよ。

オンラインミーティングでは万が一に備えた準備をしておこう

オンラインミーティング

オンラインミーティングでWi-Fiの電波が悪いせいで、相手とのスムーズなミーティングができなくなることを防ぐには、

  • 有線LANケーブルを使う
  • 有線イヤホンマイクを使う

この2点が大切でしたね。

電波が悪くなくなってから対策するのではなく、オンラインミーティングの時はこの2点を取り入れると決めて、事前に準備をしておくと、いざという時に焦らないでしょう。

大切なクライアント様とのやり取りや、社内ミーティングでもストレスなく取り組みたい時は、ぜひこの方法を取り入れてみてくださいね。

笑顔でパソコンの前に座る女性

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

宮崎県出身、都内在住。
起業を目指す感覚派な女性達と、女性向け商品サービス販売の中小企業様に、マーケティングを使って、『独自の強み』と『分析』『仕組み化』で、ファンを毎月10人増やし売上を安定させるマーケティングコンサルタントとして活動。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる