最新!ソーシャルメディアマーケティングの企業事例3選【最大のメリットとは】

マーケティングを考えるうえで、切っても切り離すことができないのがWeb上での関わり。

双方向のWeb上での情報発信におけるマーケティングのことを、一般に『ソーシャルメディアマーケティング』と呼んでいます。

英単語のそれぞれの頭文字をとって「SMM」と略されることもあります。

とくに、ソーシャルメディアマーケティングの一部として存在する、SNS(Twitter、Instagram、Facebookなど)をうまく活用した成功例も多く出ています。

対面でのサービス提供が厳しくなっている昨今、ソーシャルメディアマーケティングの必要性にせまられる個人や企業が、増えています。

今回はソーシャルメディアマーケティングの企業や店舗の成功事例を3つ、とりあげました。

企業がこぞって参入するSMMマーケティングの秘密を追いかけましょう。

目次

ソーシャルメディアマーケティング最大のメリットとは

ソーシャルメディアマーケティング メリット

ソーシャルメディアマーケティングのメリットは2つ!

① 広告費をおさえることができる

② 親近感・好感度をあげることができる

まず、①の広告費を抑えることができる

これは企業側がキャンペーンを打ち出したりする必要もありますが、なんらかのキッカケにより、消費者の間でしぜんと話題にされて急速に拡散されることが多くあるためです。

商品を検索するにも、InstagramやTwitterなどのSNSから口コミを探すユーザーも増えています。

Web活用で時間と場所にとらわれずに、低予算のまま商品の認知拡大ができることは大きな魅力ですね。

ただし、明確な目標設定や、ブランディングでの差別化など、売り上げにつながる戦略が大前提となりますよ。

つぎに、②親近感・好感度をあげることができる

こちらは、企業と個人においての距離感がグッと近づくということです。

たとえば、Aさんが新しくPCを購入したときの経験です。

不具合があり、メーカーに問い合わせの電話をするもつながらない…

Twitterにてメーカーのアカウントを見つけて連絡すると、すぐに対応してくれた、という体験もあったそうです。

今回のように、Twitterからお客様さまのリアルな声を拾い上げたり、サービスの向上になるようなコミュニケーションをとっている企業の事例を詳しくみてみましょう。

ソーシャルメディアマーケティングの企業事例3選

ソーシャルメディアマーケティング 企業

今回は、Twitter・Instagram・LINE公式の3つにおける企業、店舗のソーシャルメディアマーケティングの事例をご紹介します。

Twitter編【SHARP公式アカウント】

ソーシャルメディアマーケティング Twitter SHARP
引用元:シャープ株式会社Twitter公式アカウント

2011年から開設されたSHARP公式アカウント。

10年後となる2021年現在では、なんとフォロワー数82万人。

大手企業にもかかわらず、ゆるさのある個性的なツイートと広告感のなさで、マンガとして擬人化されるほどの人気を集めています。(シャープさんとタニタくん)

Twitterアカウントが企業のイメージアップに貢献している成功例ですね。

キャンペーンも、自社ブランドの宣伝を前面にだすものではありません。

ここでは、コロナ禍で厳しい状況下にある飲食店を応援する気持ちから、投稿がつくられています。

これに多くのユーザーが反応し、全国の飲食店のPRが実現しています。

単に、新商品や製品を宣伝するための発信でなく、いかに多くのひととTwitterでの交流を楽しむことができるかに主軸がおかれています。

Instagram編【SHE likes シーライクス】

SHE likesは、20~30代の働く女性にターゲットをしぼり、Webのさまざまなスキルを提供するサブスク型のスクールです。

企業理念をハッキリと打ち出し、デザインも細部までこだわっています。

スクールの受講生に対して、Instagramバナーのデザインをコンペ形式で募集しています。

発信内容もターゲット女性にとってのお役立ち情報が中心で、13万人ものフォロワー数となっています。

SHE likesのTwitterアカウントでは、受講生の体験談や、イベントの告知を中心に発信しています。

さらに、受講生がハッシュタグ(#シーライクス、#SHE捗)をつけて日々の学習状況や目標設定などのツイートをしています。

受講生同士でも、励まし合ったり情報交換ができますし、シーライクスを知らない人でも興味を持つキッカケになる可能性が高まりますね。

SNSごとに、うまく使い方をわけて活用している事例となります。

LINE公式編【美容室】

ソーシャルメディアマーケティング LINE

日本で最も利用者数が多いSNSとされる、LINE。

トークルームで企業と個人が1対1のかかわりをもつことができるので、一気に距離が近づきます。

当然、売り上げにもつながるため、企業もLINE公式をビジネスに活用しています。

メールよりもメッセージの開封率も高く、どの世代においてもユーザーが最も多いのが特徴です。

とある美容室のLINE公式を例として取り上げます。

美容室でよく手渡しされるポイントカード。

これもオンラインで完結するんです。

10ポイント貯まれば500円OFFといったかたちで、わかりやすい特典の表示がされています。

月ごとにキャンペーン情報が届くので「また行こうかな」とリピーターになる確率も高まりますね。

LINE公式における企業事例は、多岐にわたる展開がされているので、ここではご紹介しきれません。

また、別の記事にて事例をお伝えしようと思います。

ソーシャルメディアマーケティングをフル活用して売り上げを伸ばそう

ソーシャルメディアマーケティング 売り上げ

時代によって、ベストなマーケティングの方法は異なります。

お客さまが、より身近に手軽に、Web上で商品やサービスを体験できるカタチが整いつつありますね。

多くの事例から、マーケットの動向を探りつつ、自分にあった集客導線の在り方を見極めていくことが必要です。

弊社では、LINE公式の自動化・広告運用・SNS運用代行・LP制作といった業務についてはもちろん、全体のマーケティング施策についてのご相談も受け付けています。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

宮崎県出身、都内在住。
起業を目指す感覚派な女性達と、女性向け商品サービス販売の中小企業様に、マーケティングを使って、『独自の強み』と『分析』『仕組み化』で、ファンを毎月10人増やし売上を安定させるマーケティングコンサルタントとして活動。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる