【マーケティングの基本】ターゲット層を決めて毎日発信を続けるだけで成果につながる

「SNSで発信するのに抵抗がある」というご相談を受けることがあります。

ながく会社員として勤められ、副業として顔出しせずに発信をしていきたいという方も最近は増えていますね。

「自分には知識も実績もないし、どうやって発信したらいいのか分からない」というお悩みにお答えしたので、こちらで詳しくシェアします。

SNS初心者でも、マーケティングの基本をおさえて発信すれば、成果をだすことができますので最後まで読んでみてくださいね。

目次

発信をするまえに決めること

発信 成果

一番初めに決めることは、ターゲット層です。

マーケティングの基本である「誰に、なにを、どんな方法で提供するか?」という要素を考えます。

そのひとつが「誰に」の部分になるターゲット層です。

ポイントは、たったひとりのペルソナを決めるのではなく、何人かの層を決めるということです。

なぜならSNSの場合は「たったひとり」という設定にしてしまうと、最初に何が響くかが難しいんですよね。

自分の発信内容に興味をもってくれそうな人たちを、ターゲット層にしていくほうが、初心者にとってはハードルが低いです。

自分が集めたいお客さまの、どんな悩みに役立てそうかを考えながら発信すると成果が早いですよ。

ただし、すでにお客様がいらっしゃる場合はターゲット層ではなくペルソナを決めます。

たった一人実在する理想の良いお客様へお手紙を書くように発信していきましょう!

そうすれば、似たようなすてきなお客様が集まってくれますよ。

継続するために、ぶれない軸をつくる

発信 継続

「誰に、なにを、どんな方法で提供するか?」というマーケティングの基本2つ目は「なにを」の部分ですね。

自分には経験もスキルもないという方でも、強みは必ずあります。

あなたが、これまで継続してきたこと、好きなことなど、思い返してみると強みがみえてくるはずです。

どのターゲット層の、どんな役にたつ情報となりうるのか、想像しながら発信内容を決めましょう。

強みをひとつ決めて、芯をもった発信をしたほうがファンができますよ。

「このひとは、何をしている人か」分かるような発信をしていきましょう。

まずはSNSの毎日投稿からスタート

SNS 毎日投稿

「誰に、なにを、どんな方法で提供するか?」というマーケティングの基本3つ目となるのは「どんな方法で」の部分ですね。

発信すると決めたら、SNSツールどれかひとつでいいので、毎日1投稿を継続しましょう。

副業の方であれば、Facebookだと実名登録となるので難しいかもしれません。

Instagramか、Twitterどちらかひとつに挑戦してみるのがおススメです。

そこから、自分の考え方や経験をブログに書くなどして展開させていくことができます。

発信を継続するだけで差がつく

発信 差がつく

発信を続けることで、まわりが勝手に辞めていきます。

その分、気づいたら自分が目立っている状況になる可能性もありますね。

まずは1カ月、3カ月、半年、1年、2年…と発信を続けてみましょう。

まわりを気にせずにコツコツ淡々と発信しているだけで、まじめな人という信頼にもつながりますよ。

問題解決したいであろうお客さまに対して、芯をとおした発信をしていくことで、しっかりファンがついてきます。

マーケティングの基本「誰に、なにを、どんな方法で提供するか?」に沿ったSNS発信で成果を出していきましょう!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

宮崎県出身、都内在住。
起業を目指す感覚派な女性達と、女性向け商品サービス販売の中小企業様に、マーケティングを使って、『独自の強み』と『分析』『仕組み化』で、ファンを毎月10人増やし売上を安定させるマーケティングコンサルタントとして活動。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる