メルマガスタンドならコレ!トップ4を徹底比較

メルマガスタンド 4社

事業の効率化・仕組み化のために、欠かせないツール、メルマガ。

1通目から順番に配信が設定できるステップメールも、徐々に信頼度を高めることのできる自動化の定番となっていますよね。

興味をもってくれたお客さまとの信頼構築のために、メルマガ・ステップメールの配信を始めてみたいと思われる方が多く、「どのメルマガスタンドがいいの?」と、よくご質問をいただきます。

そこで、今回は人気でよく比較される4つのメルマガスタンドについて、月々の料金、メリット、デメリットなどの特徴を比べてみました。

あなたに合ったメルマガスタンドを見つけて、さっそく配信を始めてみてくださいね。

目次

メルマガスタンド人気の4つを比較

メルマガスタンド 人気

今回は、オレンジメール・リザーブストック・マイスピー・オートビズの、4つのメルマガスタンドを比較しました。

使いやすさ、機能面、到達率については、各社それほどの違いはありません。

オレンジメールリザーブストックマイスピーオートビズ
メリット低コスト、機能がシンプル利用者同士の密な交流、集客など関連セミナーの開催
・画像が入る
オンライン決済の対応業者が多い・最短1営業日での導入
・感覚的に使える
・フォームデザインが女性向け
・画像が入る
デメリット・画像が入らない
・メールフォームデザインが少ない
再入会の手数料が高い画像はHTMLにて挿入
・無料プランなし
無料プランなし
無料プラン100件まで半年のみ××
初期費用12,800円×11,000円
月額料金2,480円~5,280円~3,300円~1,980円~
サポート動画、メール動画、説明会など電話・メール電話・メール

価格については、広告表示があったり、配信の優先度が低かったりしますが、無料からお試しで使えるものもあります。

リザーブストックだけはメルマガ登録してもらう際に、苗字と名前を分けて入力することが必須です。

メールアドレスのみ入力するほうが登録率は高いため、リストが取りづらいというデメリットがある一方で、濃いファンを作ることができますね。

自動返信や、セミナー受講のお礼テンプレもあるので、読者の心をぐっとつかみます。

マイスピーの初期費用の欄を△としているのは、初月のみ通常よりも多めに支払う必要があったりと、プランごとに違いが出ているためです。詳細は、マイスピーの項目で後ほどお伝えしますね。

私はオートビズを使っていますが、画像が簡単に入れられる、管理画面が感覚的に使えて分かりやすいというメリットを感じています。

安価なプランがあるので、試しやすいのも特徴です。

画像が入らないのはオレンジメールだけで、マイスピーも画像挿入できますが、HTMLでの設定になるので複雑で使いにくいですよね。

それでは、各社のサービスを詳しくみていきましょう。

オレンジメール

オレンジメールは、無料プランが半年間のみ契約可能です。

その後は、配信アドレスの数に応じて有料プランが4つ用意されています。

一番安い「プラン2000」も、30日間の無料体験ができるので、気軽にスタートできますね。

ビジネスプラン3種類は、初期費用が12,800円、エンタープライズプランは初期費用が30,000円(キャンペーン期間なら11,000円)となっています。

機能については、どのプランでも同じです。

オレンジメールでは、電話サポートは全プランで有料申し込みとなります。メールサポートが無料版以外のプランで対応されています。サポートサイトは、全プランで用意されていますよ。

商品の販売については、クレカ決済にも対応する「オレンジセールス」に別途申し込みが必要となります。

リザーブストック

リザーブストック(通称リザスト)では、セミナー・セッションなどの予約から顧客管理まで行うことができます。

決済サービスはPayPalとStripeの2社です。

予約・入金確認の自動返信メールや、前日のお知らせ通知まで設定できますよ。

無料版・プロフェッショナル・エキスパートの3種類のプランがあります。プレミアムは新規契約の受付が停止となっています。

特徴的なのは、新規登録が招待制となっていることです。

さらに、利用者だけが参加できるセミナーが開催されていたり、利用者同士でもコラボイベントをしたりと、お互いに紹介がうまれる仕組みが女性からの支持を得ています。

無料から始められるのですが、当然、無料版だと制限される部分も多くなります。

●決済額の上限
●メルマガの配信数
●到達率
●配信の優先度

1カ月に決済できる上限額が変わってきます。

そのため、上限を超えるとご自身の商品サービスの販売ができなくなることも考えられるので、事業規模にあわせてプランを選択しましょう。

無料版:30,000円
プロフェッショナル:300,000円
エキスパート:上限なし

メルマガ、ステップメールの上限も、プランによって変わってきます。

無料版:2通
プロフェッショナル:30通
エキスパート:80通

有料プランを一度解約して、再入会するにはお高めの手数料を支払う必要がありますので、注意しましょう。

●プロフェッショナル:31,680円
●エキスパート:63,360円

配信できるメルマガの総数にも上限があります。

無料版:10,000通
プロフェッショナル:100,000通
エキスパート:500,000通

そのほか、詳しい機能の詳細は公式ページでチェックしてみてくださいね。

マイスピー

マイスピー メルマガスタンド
出典:マイスピー

マイスピーでも、ビギナー・パーソナル・スタンダード・マッハの4プランから選べます。

初期費用は、マッハプラン以外0円という表記ではあるのですが、初月の支払いが多くなってくるので注意しましょう。

オンライン決済(クレカ、QR決済)では、対応業者が多く

「PayPal(ペイパル)」「テレコムクレジット」「UnivaPay(旧:IPS)」「GMOペイメントゲートウェイ」「アナザーレーン」「PAY.JP」「AQUAGATES(アクアゲイツ)」「Stripe(ストライプ)」「AmazonPay」「ゼウス(ZEUS)」「ROBOT PAYMENT(ロボットペイメント)」「PayPay」

の12会社から選ぶことができます。

カード決済があれば、自動で料金受領完了メールも送付してくれますよ。

スタンダード、マッハプランでは、LINE連携ができるのも特徴です。

LINE公式アカウントと連携し、LINEの友だち管理や、メッセージ配信ができるんですね。

利用開始できるようになるまでの期間が、ゆっくりで入金確認から10日前後は余裕をもって申し込みをしていきましょう。

全プランでメール・電話での対応となり、サポート体制も安心です。

オートビズ

オートビスでは、常時配信状況をモニタリングしており、スパムメール扱いされないよう、独自の配信システムと、セキュリティが強調されています。

最短で翌営業日から導入できるため、急ぐ方はオートビスがおすすめです。

ただ、無料で試すことができないのがデメリット。

オートビズでは3つのプランが用意されています。

初期設定費用として、どのプランでも11,000円かかってきます。

スーパーライトは、メルマガの一斉配信や、クリック測定など機能が限られていますよ。

全プランで、電話とメールのサポートがあるので安心ですね。

そのほかの機能として…

●年齢、性別や地域など、配信対象を絞ることのできる、セグメント配信も可能
●過去に配信したメルマガを一覧で公開することも可能
●メルマガの開封率もチェック可能

オートビズで連携できる決済サービスは以下の4つです。

ZEUSPayPalRobotPayment(旧CloudPayment)UnivaPay(旧IPS)

そのほかの決済サービスについては、リンク形式での連携が可能かどうか確かめる必要があります。

カード連携は自動でなくて手動で添付で良いのなら、あまり気にしなくてどの会社のシステムでも良い、という方もいらっしゃいますね。

弊社は今はこちらのオートビスを使ってます。

自分に合うメルマガスタンドを選んで配信しよう

メルマガスタンド 比較 特徴

4社、それぞれの特徴について詳しくみてきました。
すべて弊社で利用したことがありますので、実体験も入れた感想となります。

どの機能を優先したいか、ご自身に合ったメルマガスタンドを選んでみてくださいね。

無料からスタートできるプランもありますが、本格的に事業をスタートする段階では、しっかりと課金してメルマガを強い味方にしていきましょう。

メルマガスタンド 4社

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

宮崎県出身、都内在住。
起業を目指す感覚派な女性達と、女性向け商品サービス販売の中小企業様に、マーケティングを使って、『独自の強み』と『分析』『仕組み化』で、ファンを毎月10人増やし売上を安定させるマーケティングコンサルタントとして活動。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる