無料で複数サイトに!Microsoft社のClarityヒートマップの使い方をご紹介

クラリティ 使い方

ホームページや、ランディングページ(LP)、気合をいれて作っただけで満足していませんか?

じつは、結果の出るサイトをつくるには、感覚でなく「分析による改善行動」が必須です。

なぜなら、ユーザーがストレスなく欲しい情報にたどりつけるようなページをつくることが、商品サービスの認知拡大や売り上げアップに直結するからです。

そこで、よく使われるのがヒートマップ。

・どこまでスクロールされてるの?
・どのあたりがクリックされたの?

このようなユーザーのとる行動を、分かりやすく色ごとで示してくれる最強ツールです。

有料のものが多いですが、今回は無料で複数ドメインを分析できるMicrosoft社のヒートマップツールClarity (microsoft.com)クラリティについて、設定方法や使い方をご紹介します。

思った以上に基本的なデータ分析ができるので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

目次

無料で優秀!Microsoft社のClarity(クラリティ)とは?

Microsoft クラリティとは

ヒートマップツールは各社でサービス提供されていますが、1ドメイン=1サイトにつき1契約が一般的。

一方のClarityは、無料で複数ドメインの登録・分析が可能となるので、良心的です。

Microsoft社ということもあり、登場して間もないのですが、期待が高まっているツールです。

Clarityは日本語に翻訳できる

クラリティ 日本語

クラリティは英語版のみなので、英語が苦手な方はクロームの拡張機能をつかって日本語翻訳をしましょう。

直訳となるので、すこし意味が分かりにくいのが難点です。

Clarityの設定3STEPS

クラリティ 設定

設定のステップは3つだけです。

①サインアップ(アカウント登録)
②サイトの登録
③トラッキングコードの埋め込み


では、順を追ってみていきましょう。

ステップ1サインアップ(アカウントの登録)

クラリティ サインアップ 公式

公式サイトで、画像の赤枠で示している「サインアップ」をクリックします。

マイクロソフト・フェイスブック・グーグルの3つから、サインアップの方法を選びましょう。

クラリティ サインアップ

チェックボックスを選択して、簡単にサインアップが完了します。

ステップ2サイトの登録

クラリティ 設定 登録

つぎに、分析したいサイトの登録をします。

・サイトの名前(自分がわかればOK)
・サイトのURL
・サイトのカテゴリーを選択

うえの3つの項目を入力、選択するだけで完了ですよ。

ステップ3トラッキングコードの埋め込み

トラッキングコード クラリティ

こちらの画面に移動します。

グレーの枠内にある「トラッキングコード」をコピーしましょう。

クラリティ トラッキングコード

そして、自分のサイトのhead下に埋め込みます。

ワードプレスならヘッド用コードなので「外観」→「カスタマイズ」→「アクセス解析・認証」といったように進むと、埋め込みができます。

クラリティ 埋め込み

ご利用のテーマによって、入力画面への進み方が違ってきますので「テーマ名 アクセス解析 ヒートマップ」のようなキーワードで検索してお調べくださいね。

<head>タグ内に、コピーしたコードを埋め込み、保存すれば完了です。

データの収集に2時間ほどかかる

クラリティ 設定完了

サイトでの埋め込みが終わっても、すぐにはデータが反映されません。

約2時間ほど、またはアクセス数が集まった時点で、分析結果をみることができますよ。

そのあいだに、やっておきたい設定も2つご紹介しますね。

クラリティ追加設定2つ

クラリティ 追加設定

より正確な分析をしたいあなたには、以下の2項目についても設定をおすすめします。

・グーグルアナリティクスと連携
・特定の訪問者をカウントしないようIPアドレス設定

くわしくみていきましょう。

グーグルアナリティクス連携

グーグルアナリティクス クラリティ 連携

グーグルアナリティクスとの連携は、むずかしい操作は必要ありませんでした。

(すでに自分のサイトとグーグルアナリティクスとが連携できていることが条件です)

先ほど設定したトラッキングコードの下に、グーグルアナリティクスとの連携ボタンがあります。

ログインするグーグルアカウントを選択し、クラリティのアクセス許可についてチェックボックスを2つ選択します。

グーグルアナリティクス 連携

すると、連携するサイトを選択できるように画面が変わります。

クラリティ グーグルアナリティクス

グーグルアナリティクスとの連携についても、完了までに約2時間ほどかかります。

IPブロッキング

クラリティ IPアドレス ブロック

つぎに、PCごとのIPアドレスを登録して、そこからのアクセスを計測しないように設定しましょう。

自分やチームメンバーのアクセスについては、分析のうちに含めないほうが正確なデータがとれますよね。

クラリティ IPアドレス

ご自身のPCのIPアドレスは自動で読み込まれ、登録もスムーズです。

有料級!Clarityの使い方

クラリティ 使い方

クラリティには、うえのほうに「ダッシュボード・レコーディング・ヒートマップ・グーグル分析・設定」というメニューが用意されています。

グーグル分析は、アナリティクスとの連携後に表示されますよ。

ここでは「ダッシュボード・ヒートマップ・レコーディング」について取り上げていきます。

Clarityダッシュボードでサイト分析

クラリティ 分析 ダッシュボード

はじめにダッシュボードですが、以下のような基本的なサイト分析が可能です。

・セッション数
・ページの滞在時間
・ページの何%読まれているか
・1回の訪問で何ページ読まれるか
・無効なクリック数
・人気のページ

今日・3日間・過去3週間など、分析の期間を変更したり、フィルターで分析項目を限定することで状況把握がしやすくなりますね。

Clarityヒートマップ

クラリティ ヒートマップ

続いて、メインとなるのがヒートマップです。

「スクロール・クリック」の2つをみていきましょう。

スクロールについては、ページのどの部分まで読まれているのか?が分かります。

画面が赤く表示されている部分は、多くのユーザーが読んでいることを示します。

一気に読まれなくなる箇所があれば、すぐに改善していきましょう。

クラリティ クリック

こちらの画像のように、どこが多くクリックされているのか、可視化することができます。

さらに、クリック数に応じて色が変わりますよ。

赤くなるほど、多くクリックされているということですね。

Clarityレコーディングでユーザーの実際の行動をチェック

クラリティ レコーディング

ヒートマップだけでない有料級の機能となるのがレコーディング。

ユーザーの行動ごとに、最新のものから順に表示されています。

じっさいにユーザーが、いつどこをクリックしたのか録画されていますよ。

レコーディン動画の様子は、こちらをご覧くださいね☟

clarityレコーディング結果 (vimeo.com)

Clarityのヒートマップを活用してページをブラッシュアップしよう

クラリティ 活用

よくクリックされる場所や、どこまで見られているかといったユーザーの行動を分析することで、効果的に課題を改善することができますね。

結果の出るLPやホームページをつくるためにも、ぜひ無料でつかえるクラリティを取り入れてみてくださいね。

クラリティ 使い方

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

宮崎県出身、都内在住。
起業を目指す感覚派な女性達と、女性向け商品サービス販売の中小企業様に、マーケティングを使って、『独自の強み』と『分析』『仕組み化』で、ファンを毎月10人増やし売上を安定させるマーケティングコンサルタントとして活動。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる