良い商品を作れば必ず売れる訳じゃない理由

新商品をリリースする時に、良い商品を作れば売れるからと考えて、つい商品開発に時間をかけたり、

予算を多くかけると思うのですが、残念ながら商品が良くても勝手には売れないのです。

商品を買うのはクライアントさんや消費者なので、相手が気に入る商品、「欲しい」と思える商品を販売する必要があります。

自社でおすすめしたいプロダクトアウト(ニーズをつかんでいない)な考え方だと、特に売るのに苦労します。

また、PRや販売戦略が上手いライバル企業があれば、商品が自社より多少劣っていたとしても売れてしまうのです。。。

もちろん最低限の品質は必要です。

このように、「良い商品を作れば売れる」訳ではないので、常にリサーチヒアリング販売戦略を考えてから商品開発をすることをおすすめします。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

宮崎県出身、都内在住3年半。
起業を目指す感覚派な女性達と、女性向け商品サービス販売の中小企業様に、マーケティングを使って、『独自の強み』と『分析』『仕組み化』で、ファンを毎月10人増やし売上を安定させるマーケティングコンサルタントとして活動。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる